住まいに太陽光発電を導入!ぜひ確認しておきたいポイント

Posted on 22 of 2月, 2016 by

住宅への設置前に太陽光発電システムの重量を確認

家庭用の太陽光発電システムを設置すれば、電気代の節約に効果があります。ただし、住宅の状態によっては、太陽光発電システムの設置に適さない場合があるため、注意が大切ですね。太陽光発電システムは、屋根に太陽光パネルを設置するスタイルが多いです。その際に、建物が発電パネルの重量に耐えられるかどうかが重要でしょう。もし強度が足りない場合には、建物の補強工事を行うか、あるいは軽量なパネルを用いる手段はあります。

住宅敷地内で発電に適した場所をチェック

太陽光で発電を行うには、太陽光パネルがどれだけ光を受けられるかが重要です。しかし、住宅の周囲の状況によっては、十分に太陽光パネルに光が届かないケースがあります。周りに高いビルなどの構造物があると、想定通りの発電量が得られないといったこともあり得ます。その際には、太陽光パネルの設置箇所を工夫してみるのも選択肢のうちですね。例えば庭に太陽光が届く住宅の場合には、庭へのパネル設置という手段も選べるでしょう。

新築住宅への太陽光発電システム設置に予算の配慮

太陽光発電を住まいに導入するタイミングとしては、新築で言えを建てる場合がよくあります。その際に気になるのが、太陽光発電システムの購入費用です。住宅の建築費に加えて、太陽光発電システムにも出費が伴います。そのため、トータルでどの程度の費用がかかるのか、あらかじめ見積もっておく必要があるでしょう。もし想定していた予算をオーバーするようであれば、太陽光発電システムのグレードを一段階下げるのも判断のうちです。

太陽光発電は、一般住宅においても導入することができ、電気料金の節約や売電収入の確保などにつながります。